冷え性改善サプリランキング@おすすめはどれ?

冷え性サプリランキング!

冷房の効いたところが多くなり、夏も汗をかく機会が少なくなりました。おかげで、老廃物が体内に溜まり、血行が悪くなって、ますます冷えることに。クールビズが推奨されて冷房の設定温度があがったとはいえ、冷房の寒さは冷え症にはツラい。

 

夏の冷え性を改善するには、冷たい食べ物を避け、体を温める食べ物を摂ることが大切です。生姜やヘスペリジンなどを配合したサプリメントで、冷え性改善を後押ししてあげましょう。血行をよくしてくれて、すみずみまでポカポカに。当サイトでは、冷え症改善におすすめのサプリメントをご紹介しています。

 

美めぐり習慣の特徴

オーガニック生姜で巡りをUPして、冷え性を改善してくれるサプリメントです。安心の有機JAS認定生姜を使用。ジンゲロールやショウガオールなどのポカポカ成分が豊富に含まれています。また、鉄分を補給して新陳代謝をUPすることで冷え改善。アセロラやスピルリナに含まれた、ビタミンB群、C、Eが体を温めるサポートも。1日めやす5粒。毎月定期便は、初回特別価格1480円(税込、送料無料)

価格 1,480円
評価 評価5
備考 ジンゲロール・ショウガオール

 

金時しょうが粒の特徴

3つのあたため成分で冷え症改善をサポートしてくれます。1つ目は強力なあたためパワーをもつ、金時生姜。一般的な生姜の4倍のあたため成分をもっています。2つ目はポカポカを加速させる、ヒハツ。3つ目はじんわり温める、へスぺリジン。1日めやす2粒に、金時生姜300r配合。忙しいときも手軽に生姜が摂れます。生姜商品専門店の冷え性改善サプリメント。定期購入なら、1袋30粒入り1,555円(税込)。

価格 1,555円
評価 評価4
備考 ヒハツ・ヘスペリジン

 

αGヘスペリジンの特徴

早く強く効く、ゆっくり長く効く、Wのへスぺリジンで冷え症を改善するサプリメントです。青ミカンに豊富なポリフェノール、ぺスぺリジンが血行を改善してポカポカに。ナノ化により吸収良く早く強く効くナノへスペチレン、体のすみずみまで巡り長く効く糖転移へスぺリジンのW配合。有用成分が、早く長く強く、働きかけてくれます。1日めやす1粒に、みかん30個分のパワー!今だけ、お届け定期コースが初回半額1000円(税別)。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 ポリフェノール・ぺスぺリジン

 

冷え症になると…?

 

冷え性というのは、手先や足先が冷える状態だと答える方は、多いと思います。しかし、それならば冬になると誰でも身体が冷えてくるものです。健康な人なら、温かい場所に移動すれば早い段階で身体が回復しますが、冷え性の人はなかなか身体が温まらず、これに伴って様々な不調も起こしやすいという特徴があります。

 

全身が震えるほどの悪寒が走るというときは、風邪などの病気を疑ってみてください。一方で冷え性の人は、手先や足先などの末端だけがいつまでも温まらないという性質を持っています。ストーブの目前に手足を近づけても、なかなか温まらないほどです。

 

これは、血液が末端までうまく流れていない証拠で、皮膚の表面をいくら温めても効果はありません。暖房で身体を温めたと思っても、そこから離れるとすぐに身体が冷えてきてしまいます。血液には、心臓から全身に運ばれるときは勢いが良く、逆に全身から心臓に運ばれるときはスピードが弱まるという性質があります。

 

この勢いが強い人は、常に身体が温かく、基礎代謝も高いのです。冷え性の人は、その勢いが弱いため、低血圧の状態といえます。また、太りやすい体質にもなるため、早目に改善することをおすすめします。

 

ひどい冷え性だという人もいますが、冷え性は病気ではありません。しかし、不健康な状態には違いありません。人は血液を全身に流すことで、健康を維持していますが、この血行が悪くなると、正常な状態ではなくなるのです。西洋医学では冷え性を治療してくれるところはなかなかありませんが、東洋医学では行っていることもあるので、調べてみると良いでしょう。日常生活からの改善が困難であれば、お医者さんに相談してみるのも冷え性から脱する近道となります。

 

冷え症の原因

 

冷え性の原因は、個人差もありますが、その多くが血行不良にあります。そこから派生すると、血行不良にも、個人によって細かな原因の違いがあるのがつかめてきます。

 

人の体内では毛細血管によって体温調節していますが、その毛細血管に血液がうまく流れないと、どんどん血管が細くなり、悪循環でさらに血液が流れにくくなってしまいます。外側から身体を温めるだけでなく、内側からも代謝をよくして血液を流すことを意識しなければなりません。

 

冷房が効きすぎた空間では体温調整が乱れが、逆に暖かい場所では自律神経の乱れなどが、冷えの原因となることがあります。いずれの場合も、環境が整いすぎて体の機能が抑制されてしまっているので、体が鈍感になっているのです。また、身体にフィットした、締め付けが強い衣服を着ていると、血管が血液の流れを妨げてしまいかねません。実際に、きつい衣服を着ている人は、体温の低下が著しいという実験データがあるそうです。

 

現代人の食事に多いのが、添加物を含むインスタント食品やファストフード、出来合いの惣菜、お菓子などです。このような便利で日持ちのする食品類には、間違いなく何らかの添加物が加えられています。食べ続ければ冷え性になってしまうので、なるべく避けるようにしましょう。

 

また、体を動かさなくても生活していけると、運動不足になる人が増えています。しかし、筋肉がつかないと代謝が上がらず、血行不良になります。適度な筋肉をつけることは、基礎代謝を上げて血液循環を良くするためには不可欠なのです。

 

冷え症に良い運動はどんなもの?

 

冷え性を改善するには、食事を改善する他に運動が有効です。血の巡りをよくすれば体が冷えないので、代謝を上げる運動が良いとされています。どのような運動が、冷え性の改善に向いているのかご紹介します。

 

冷え性に効果的なのは、酸素を多く取り込む必要のある有酸素運動です。具体的には、ウォーキングやジョギング、水泳、テニスなどがあります。またヨガも、有酸素運動の一種といって良いでしょう。一方で、重量上げのような無酸素運動と呼ばれる運動は、効果が期待できません。ジョギングや水泳などの運動はできないという人は、簡単なウォーキングから始めてみましょう。

 

ウォーキングでより効果を高めたいのなら、なるべく元気よく歩いてください。それだけで効果があるとは思えませんが、背筋を正して大幅で歩き、腕をよく振るようにすると、代謝が上がるのです。同時に、2回吸って2回吐く呼吸法も行いましょう。いきなり歩くことはせず、準備運動はしっかりとしてウォーキング後にもストレッチは必ず行ってください。

 

歩く時間は、20〜30分で十分です。代謝しやすい体にするには、いろいろな方法があります。中でも、自宅で行うストレッチは、テレビを見ながらでも行えるのでおすすめです。自転車こぎやエアバタ足、骨盤体操など、自分に適したストレッチ方法を探してみましょう。ヨガは難しいと思われがちですが、少しの時間で行えるので、忙しい方には向いています。ヨガで覚えたポーズを、気がついたときに実践ようにすれば、少しずつ効果が出てきます。

 

冷え性に良い入浴法があるの?

 

冷え性改善には、入浴が効果的です。また、冷え性に大きく関係している睡眠にも、入浴は有効です。そこで、できるだけ効果が上がるような入浴法をご紹介します。

 

体を温めるのに最適だといわれている温度は、40度前後です。この温度はぬるま湯に等しいので、すぐに冷めてしまいそうだと思って高い温度のお湯に浸かっても、効果はありません。皮膚だけが熱くなり、体の内部までじわじわと温度が浸透してくれないのです。また、たっぷりとお湯を張って全身浸かると、心臓から全身に送られる血液量が増えて血圧が上がりやすくなります。熱いお湯に入って胸がドキドキしてしまう方は、そのせいです。腰くらいまでのお湯の量で半身浴をすると、全身から心臓に流れる血液量も増して、血行がバランスよくなります。

 

入浴剤には、様々な効果があります。香りを楽しんだり、体を温める効果のあるものを投入するのも良いでしょう。例えば、柑橘系の果物の皮には身体を温める効果があり、冬至に入るゆず湯はそのような保温効果を狙ってできた生活習慣です。

 

また、お酒やお酢をお湯に入れて浸かると、脂肪や老廃物を流し出してくれる効果があり、おすすめです。最近では、ゲルマニウム温浴が自宅で手軽にできるグッズも出回っています。

 

お風呂の中では、できるだけリラックスして過ごし、マッサージしたり、手足を動かして血行を高めたりと、普段なかなか時間をとれないことをしてみるのも良いでしょう。お風呂から上がったら、出来るだけ体を冷やさないうちに布団に入って就寝してください。

 

冷え症は女性に多いもの?

 

女性には冷え性が多いと言いますが、これは統計学的なことではなく、きちんとした原因があるのです。その原因をご紹介します。

 

冷え性の原因となるのは、自律神経の乱れです。女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経も乱れるため、これが冷えにつながると考えられます。女性の場合は、具合が悪くなったときだけでなく、定期的にホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

月経周期の中に乱れやすい時期があったり、妊娠時や更年期でも大きく崩してしまうことがあるのです。そのため、ホルモンバランスが不調になりやすいときには、体を温めるよう心がけてください。

 

また、低血圧の人も体が冷えやすいといいます。低血圧とは、全身の血行が悪い状態のことです。心臓から全身に送られる血液量や、全身から心臓に戻される血液量が少ないことを意味しています。血のめぐりが悪くなると、当然体温を維持することもできません。過度なダイエットによって低血圧になる女性も多く、貧血にならないような食材を摂ることが大切です。単なる冷えだと思うかもしれませんが、悪化するとやがては大病につながる危険性もあることを覚えておいてください。

 

そして、男性に比べてより体にフィットした衣服を身に着けることの多い女性は、血行を悪くしてしまう傾向があるようです。あまりにもきつい服を着たり、体が冷えるような薄着は避けたほうが良いでしょう。もちろん、体を冷やすような環境に身を置くことも良くないので、そういった環境にいる人はできるだけ厚着をして過ごしましょう。